酒好きフリーランス女の独り言

酒好き三十路フリーランスのデザイナー女の日常日記

仕事はしなくてよい

仕事しなきゃと思いながら寝たり食べたり飲んだりしてるとすごいストレス溜まることに気づいて、今、自分に、仕事しなくていいってずっと言い続けてる。自分をマネージメントすることが、こんなに大変だったなんて。

今日の嬉しかったこと

なるべく、感謝したことを記して行きたいと思う。

●ちょっと寒いなと思っていたら冷房が効き過ぎてる?と気づいてくれた

●あたしが、作った料理を美味しい、と言ってくれた

●いくらでも眠れるベッドと空調の効いた部屋にいれた

 

、、、。

5つは書こうと思ったけど、中々でない。

だって、一日中わりと寝ていたんだもの。

仕事がいやで、、土日祝中にやればいいので、なんだか中だるみしちゃうね、そして最後の日になって焦って徹夜すんだろうなぁ。

寝る時間を一定にしたいなぁ。

あっという間に日曜日

土日祝にやるべきことをまとめた金曜深夜、よっしゃーと朝方まで仕事して力尽きて寝て起きたらすでに土曜夜18時。おやっ⁉︎と思いつつ顔洗って仕事を一個あげる。あたしの土曜は始まったばかり、、と呟きながらも20時過ぎ頃、彼氏に誘われ夕御飯を食べに。夕御飯といいながらもチェーンな居酒屋へ。ここ最近の刺身欲を満たすために刺身盛り盛り、我慢してたポテトなどを食べてビール一杯にハイボール二杯。隣の席が結婚式の三次会?四次会?でうるさいのもあって彼氏は携帯ゲーム、あたしは携帯で漫画読む。時々互いに顔を上げてぽつぽつと喋る。中々楽しい、無理してなくちょうど良い感じ。で歩いて帰って仕事だー!と思いながらソファーで漫画読みながらいつの間にか寝てて今起きたよ。土曜日があっという間に終わってしまった。。そしてあと八割型ノルマは残っている。。日祝で終わるか、、?今からやっていかないとやばいと思いつつもまたソファーで漫画読んでいるあたし。(仕事しろよ)しかもまたお腹空いてきた。。どうして寝るか漫画読むか仕事するかだけなのにお腹減るんだろーか。蓄えた脂肪使って生命維持してくれ!はぁ。仕事だね、仕事しよう。8月頭までは割と忙しい、ってゆーかかなりやばい。落ち着いたら温泉いこーって彼氏に話したらなぜか沖縄に行くって話に!沖縄行きたい!水着きれないけども!やっぱジムいこう、ちゃんとジムいこう。その為に仕事するぞー!

フリーランスは本当に体調崩すとやばいのか実践してみた。

実践してみた、というか、実践してしまったという感じです。。

 

フリーランスが熱出てしまった時....当たり前ですが、「熱でちゃったんで今日休みます」って会社に電話したらディレクターの方で私がもってるその日の急ぎの仕事を比較的手すきの人に回して調整してくれるなんてことはあり得ず、1人しかいないので1人でどうにかしないとならず、どうにもできなかったら、他方に迷惑をかけ信用を失ってしまうという、なるべく避けたい状況。よくフリーランスのデメリットとして色々なサイトに載っています。

 

聞いてはいたけれど、私の場合、会社員時代も最後2年くらいは制作もディレクションも1人でこなしていたし、そもそも風邪なんてここ10年くらい引いてないし大丈夫だろうとたかをくくっていました。そう、先週までは、、。

 

喉から急にきた。

ことの始まりは、一緒に住んでいる人が「なんか喉が痛い」と言い出した時。アイコス吸いすぎじゃない?とか言っていたら次の日あたしも喉が痛く、池袋の西と東をウロウロしていた時にはいやな感じの咳がでていました。嫌な予感を感じつつ、わりと大きめな案件の仕事を無事に入稿完了して一息。

基本的に前倒ししてましたが、その大きめ案件の修正が重なり他の作業が若干つまっていました。あまり休む暇なく作業しなきゃだけど、徐々に身体はだるくなっていき、座っているだけで背中とか関節が痛くなってしまいました。ちょっと作業しては横になり、また少し作業するという具合、、そういやここ最近休みもとれてないし疲れもたまっているのかな と思いつつ、どうしてもやらなきゃいけないことだけとにかくこなす。作業スピードは落ち、前倒しにしてきた分の余裕がどんどんなくなっていきました。

そんな中、何気なく計った基礎体温がなんと38℃だったのです。(基礎体温とは、ざっくりですが毎日計ってグラフにすると、女性の排卵日やら生理の周期を把握でき、体調の具合などがわかるすごいものです。私は思い出したら計るくらいのわりと意味のない感じで記録しています。。) 

基礎体温計で計ると、普通の体温計よりいつも割と高めになりはするのですが、38℃は高すぎでしょと、普通の体温計で計ってみると37.3℃でした。平熱が大体36℃くらいなのですが、熱が上がることがここ数年なかったのと、37℃超えてる事実にくらくらしながら、計るんじゃなかった・・!とか思いつつ、熱の事実よりも身体が悲鳴を上げていて土日はほぼ作業ははかどりませんでした。

 

ひたすらなくなる余裕。

ちょっと作業しては横になりを繰り返すも、減らない作業量、追いかけてくる提出締め切り日、下がらない体温、止まらない頭痛、溜まる洗濯物、出せないゴミ袋、、、。頭の中では阿鼻叫喚です。

 とにかくまとまった時間椅子に座っていられるようにならなくては、と、なんとかその日のノルマ分だけはこなし、「今は治すことだけ考えて、朝までに治して明日徹夜しよう」と思い切って寝ました。

 結果朝になっても熱は下がらず、熱ってどうやって治すんだっけ!?とパニックになりつつもおかゆとかビタミンCとかポカリとかコンビニで買ってきて飲みまくってみました。ピークなのか熱はその時37.8℃まで上がっていました。38℃まで上がったらインフルの可能性もあるぞ、、と思いつつきしむ体で椅子に座りながらもなんとかこなしていると、急になんだかおかしくなって、頭痛がひどいので思ったことを頭にとどめておけず、独り言がやばかったです。なんだか楽しくなってきました。

 

熱が下がる瞬間を体感。

その日の朝からごはん以外ひたすらパソコンに向かい、返事待ちの時間少し仮眠して、そのあとひたすら手と頭を動かしていて、頭の痛みにも慣れてきて、その状態に笑えてきた朝の5時過ぎころ、すーーっと頭痛が引いていったのです。熱を測ってみたら36.8℃。

よかったーーと安堵しました。徹夜作業しながら熱を下げることに成功した!と思いました。

今もまだ咳だけ残っていますが、もう椅子に座っていてもつらくないです。

 

仕事をしなくてはいけないフリーランスが発熱したときの治し方まとめ

まったく参考にならないのであれですが、、。あくまであたし個人の実践だけに基づいたものです。

 

・余裕をなんとか作って一度ある程度の時間寝る。

・風邪薬はなるべく飲まない。(理由はいろんなサイトに書いてありますが、症状を一時的に抑えるだけで、結果的に長引かせてしまうようです。ほんとかなぁと思っていましたが、私の場合結果的にあてはまりました。葛根湯だけは漢方なので別だとか。今回あたしは常備してなかったので飲めませんでしたが、、そうだ常備しておこう)

・ビタミンC、マルチビタミン、他にもなるべく食べられるものは食べる。胃に負担がかからないものがよい。おかゆ、ゼリーなど。

・なるべく暖かい恰好をする。夏場はつらいけれど、汗をかくと汗で冷えるので、カーディガンなどをこまめに着たり脱いだりする。

・暖かい飲み物を飲む、湯船につかる。

・つらくない程度にストレッチする。

 

なるべく仕事は前倒しを。

やはりなるべくつらいときは横になっていたいです。今回の経験で思ったことは、1日2日くらいの余裕だと風邪には余裕でおっつかれてしまうということでした。備えあれば憂いなし、いつまでも徹夜で風邪治すわけにもいかないですし、なるべく時間に余裕を持つようにして、規則正しい生活を心がけ、突然の体調不良に備えていきたいものです。

 

池袋の東口と西口を行ったり来たり

昨日はメニューの印刷とラミネートで池袋の東口と西口のキンコーズを行ったり来たり3往復くらいしました。池袋って駅が広いの。多分西口から東口まで、各駅停車の一駅分くらいある。暑い中ひたすら歩く。今日は痩せたかも。。

東口のキンコーズ初めて行った。会社辞めてもあたしはラミネートしてるわ😂って思いながら、キンコーズの本格的ラミネーターはやっぱ早いね!ラミネートも頼んじゃえば楽なんだけど、やっぱお金かかるから。なるべくお客さんの経費抑えたいからね、、とか言って自分の時間潰してたら今後やっていけないんじゃないかとか不安にもなるけれど。

 

夜はやきとり。風邪なのか喉の痛みと咳が少しでるため、レバー&にんにくをひたすら食べる。にんにくの紫蘇漬けがめちゃめちゃ美味しかったんだけど、あれおうちでも作れるかしら。酒にも合う。身体にも良い。普段焼いたにんにくとか、ひとかけらくらいしか食べられないんだけど、紫蘇漬けはガツガツいけた。追加で頼んでほぼ1人で食べた。馬力って言うらしい。百万馬力ってこと?風邪治るといーなー。

思わずBEER(AM9:00)

f:id:nmmn_d:20170613185022j:plain

 

仕事が終わらなくて眠れないわけじゃない。

昼夜逆転が佳境にはいり朝の九時になっても全然眠くなくて、なんとなく不安で仕事するも思わずビールを開けるの図。

ビールはいつでも旨い。

 

 

なぜかクライアントに私の大体の月収を決められる

 

f:id:nmmn_d:20170612082334j:plain

「作業量によりますね・・・」

としか返せず。。

前職場関係者に多し。(大体のあたしの前給料の相場を知ってるから・・)

たまに思い出してムキーってなる。

 

前と同じ給料じゃフリーランスはやっていけない。

前のお給料がすげーいいとか、生活水準にもよりますが、きつきつで1万~2万貯金するのでいっぱいいっぱいだったとかの場合は、その時のお給料と同じ金額の月収ではやっていけなくなります。

健康保険料料に年金、所得税、住民税。年金はそんなに会社員時代と金額かわりませんでしたが(私の場合)、厚生年金じゃなくなるので、他の機関に積み立てないと老後が心配です。他にも個人事業主になると年収にもよりますが所得税は多くなりますし、しかもそれは確定申告の後にどかーっとまとめてやってくるのです。更にデザイナーの場合フォント代やソフト代、光熱費もかかってきます。大体、前給料の2倍くらいはないと心配です。

なので金額設定はそれを踏まえた上で作業量との兼ね合いで提示するのですが、間に会社が挟まれない分、普通のクライアントさんだったら喜ばれる金額設定になります。大体先方の言い値でオーケーになることが多いです。しかし前の職場の関係者さんとかですと何かと話が通じないことが割と多い。。これくらいでやっていけるでしょ?なんてげすいことを言われる関係性を作ってしまったことを反省しつつ、お仕事をもらえることには感謝しながらも、いつでも切れるよう他の仕事先を開拓し続けていきたいと思います。